魯魚の誤り

【読み】 ろぎょのあやまり
【意味】 魯魚の誤りとは、字形がよく似た文字の書き誤りやすいこと。

【魯魚の誤りの解説】

【注釈】 魯と魚は字形がよく似ており、誤りやすいことから。
『抱朴子』に「書は三写すれば、魚は魯となり、帝は虎となる」とあるのに基づく。
【出典】 『抱朴子』
【注意】
【類義】 焉馬の誤り/魚豕の惑い/虎虚の誤り/魯魚烏焉の誤り/魯魚亥豕の誤り/魯魚章草の誤り/魯魚帝虎の誤り
【対義】
【英語】
【用例】 「完璧の『璧』という字を間違える人は多いね。魯魚の誤りだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス