ローマは一日にして成らず

【読み】 ろーまはいちにちにしてならず
【意味】 ローマは一日にして成らずとは、大事業は長年の努力なしに成し遂げることはできないというたとえ。

【ローマは一日にして成らずの解説】

【注釈】 英語のことわざ「Rome was not built in a day.」の訳。
「すべての道はローマに通ず」と言われたほど繁栄したローマ帝国も、築くまでには約七百年もの歳月を費やし、長い苦難の歴史があった。決して短期間で完成するものではないということ。 「ローマ」は当て字で「羅馬」と書かれることもある。
【出典】
【注意】 短期間で築かれたものに使うのは誤り。
誤用例 「あのビルが建つまでに半年もかかったね。ローマは一日にして成らずだ」
【類義】 雨垂れ石を穿つ/大きい薬缶は沸きが遅い/愚公移山/愚公、山を移す/金輪際の玉も拾えば尽きる/大器晩成点滴石を穿つ/ゆっくり行く者は遠くまで行く
【対義】
【英語】 Rome was not built in a day.(ローマは一日にして成らず)
【用例】 「なんの苦労もなく、要所だけをかいつまんで素晴らしいものを作るだなんて、不可能なことだよ。ローマは一日にしてならずというように、素晴らしいものがそんなに簡単に作れるはずがないのだから」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス