老馬の智

【読み】 ろうばのち
【意味】 老馬の智とは、経験の豊富な者は判断を誤らないこと、ものにはそれぞれ学ぶべきことがあるということのたとえ。また、恩を受けた者が主人の恩義を忘れないことのたとえ。

【老馬の智の解説】

【注釈】 年老いた馬はとても利口で、道もよく知っているから迷うことがないことから。
斉の管仲が道に迷ったときに「老馬の智は役に立つ」と言い、老馬の後についていくと、行くべき道が見つかったという『韓非子』にある話に基づく。
「老馬の知」とも書く。
【出典】 『韓非子』
【注意】 「老婆の智」と書くのは誤り。
【類義】 烏賊の甲より年の功/医者と坊主は年寄りがよい/医者と味噌は古いほどよい/馬に道をまかす/老いたる馬は道を忘れず/蟹の甲より年の功/亀の甲より年の功/松笠よりも年嵩
【対義】 老いては子に従え騏驎も老いては駑馬に劣る/年寄りと釘の頭は引っ込むがよい
【英語】
【用例】 「迷っているなら、ご両親の意見に従ってみてはどうか。老馬の智は参考にすべきだと思うよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス