老婆心

【読み】 ろうばしん
【意味】 老婆心とは、必要以上に心配したり、世話を焼いたりすること。おせっかい。他人に忠告などをするときに、へりくだって言うことば。

【老婆心の解説】

【注釈】 長い人生経験のある年老いた女性が、必要以上に心配することから。
【出典】 『景徳伝灯録』
【注意】 へりくだった言い方ではあるが、経験豊富な目上の人に使うのは失礼にあたる場合があるので注意が必要。
誤用例 「老婆心ながら意見させていただきますが、社長のお考えには社員から不満が出るかもしれません」
【類義】 老婆心切/老婆親切
【対義】
【英語】
【用例】 「老婆心から言わせてもらえば、その企画を決行するなら、慎重に進めるべきだと思うよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス