労多くして功少なし

【読み】 ろうおおくしてこうすくなし
【意味】 労多くして功少なしとは、苦労した割には効果が少ないこと。

【労多くして功少なしの解説】

【注釈】 「労あって益少なし」とも。
「労」とは、骨を折ること。「功」とは、効き目のこと。
【出典】 『荘子』天運
【注意】
【類義】 犬の尾を食うて回る/犬骨折って鷹の餌食/楽屋で声を嗄らす/しんどが得/しんどが利/灯心で竹の根を掘る/舟盗人を徒歩で追う/骨折り損の草臥れ儲け/労して功なし
【対義】
【英語】 You fish fair and catch a frog.(ずいぶん魚釣りをしていて釣れたのはカエル一匹)
【用例】 「この分野はあれだけ時間をかけて勉強したのに試験にはほとんど出題されなかった。労多くして功少なしだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス