隴を得て蜀を望む

【読み】 ろうをえてしょくをのぞむ
【意味】 隴を得て蜀を望むとは、人の望みや欲望には、際限がないことのたとえ。

【隴を得て蜀を望むの解説】

【注釈】 後漢の光武帝が隴の地方を平定したあと、蜀をも手に入れようとした自分自身の欲深さを自嘲したという故事から。
また、魏の曹操が隴の地を手に入れた際、部下の司馬懿が「蜀の地も攻め取りましょう」と言うのを聞き、「すでに隴を得たうえに蜀まで望むとは」と言ったという故事からともいわれる。
『後漢書・岑彭伝』に「人は足るを知らざるに苦しむ。既に隴を平らげて復蜀を望む」とある。
「隴」とは、中国甘粛省南東部の地名。
「蜀」とは、現在の四川省の地域のこと。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】 亀の年を鶴が羨む/亀も上々/千石取れば万石羨む/望蜀/欲に頂なし
【対義】
【英語】 Much would have more.(あればあるほど欲しくなる)
【用例】 「隴を得て蜀を望むで、目標としていた試験に受かったら、もっと難しい資格が欲しくなった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス