廬山の真面目

【読み】 ろざんのしんめんもく
【意味】 廬山の真面目とは、雄大または複雑すぎて、本来の姿をとらえがたいことのたとえ。また、物事の真相を見極めるためには、局外から客観的に見ることが大事であるということのたとえ。

【廬山の真面目の解説】

【注釈】 「廬山」は、国江西省九江市南部にある名山。
峰々が作る風景の雄大さは有名で、見るときや場所によって様々に姿を変えることから、その全形をとらえがたいと言われている。
「真面目」とは、本当の姿という意。
蘇軾の『題西林壁』という詩に「廬山は見る場所によって姿を変える。廬山の全形がわからないのは、私が廬山の中にいたからだ」と歌ったのに基づく。
【出典】 蘇軾・詩『題西林壁』
【注意】
【類義】 廬山の中に居る者は廬山の全形を見ず
【対義】
【英語】
【用例】 「一度客観的に自分を見てみるべきだ。廬山の真面目というだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス