ルビコン川を渡る

【読み】 るびこんがわをわたる
【意味】 ルビコン川を渡るとは、ある重大な決断・行動をすることのたとえ。

【ルビコン川を渡るの解説】

【注釈】 ルビコン川とは、古代ローマ時代、ガリアとイタリアとの境をなした川で、ルビコン川より内側には軍隊をつれてはいってはいけないとされていた。
違反すれば反逆者として処罰されたが、ユリウス・カエサルが大軍を引き連れてこの川を渡り、ローマへ向かった。
カエサルは「賽は投げられた」と叫び、元老院令を無視して渡河したという故事に基づく。
このことから、もう後戻りはできないという覚悟のもと、重大な決断や行動を起こすことをいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「もう後戻りはできない、ルビコン川を渡る覚悟だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス