類は友を呼ぶ

【読み】 るいはともをよぶ
【意味】 類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。

【類は友を呼ぶの解説】

【注釈】 「類」とは、同じ仲間であること。
【出典】
【注意】 「類は類を呼ぶ」は誤り。
【類義】 牛は牛連れ、馬は馬連れ/同気相求む/同類相求む/似た者夫婦/似るを友/蓑のそばへ笠が寄る/目の寄る所へ玉も寄る/類は友を以て集まる/類は類を呼び友は友を呼ぶ/類をもって集まる
【対義】
【英語】 Birds of a feather flock together.(同じ羽毛の鳥は群がる)
【用例】 「類は友を呼ぶで、彼らはいつのまにか頻繁に集まるようになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス