類を以て集まる

【読み】 るいをもってあつまる
【意味】 類をもって集まるとは、似た者同士は互いに寄り集まることのたとえ。また、善人の周りには善人が集まり、悪人の周りには悪人が集まるということのたとえ。

【類を以て集まるの解説】

【注釈】 『易経・繋辞上伝』に「方は類を以って聚まり、物は羣を以って分れて吉凶生ず」とあるのに基づく。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】 『易経』
【注意】
【類義】 牛は牛連れ、馬は馬連れ/同気相求む/同類相求む/似るを友/蓑のそばへ笠が寄る/目の寄る所へ玉も寄る/類は友を以て集まる/類は友を呼ぶ/類は類を呼び友は友を呼ぶ
【対義】 氷炭相容れず
【英語】 Birds of a feather flock together.(同じ羽毛の鳥は群がる)
【用例】 「類をもって集まるで、その犯人の周りにも凶悪犯罪の前科を持つ者が多かった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス