鯖を読む

【読み】 さばをよむ
【意味】 鯖を読むとは、実際の数や年齢より多く見せかけたり、少なく言ったりしてごまかすことのたとえ。

【鯖を読むの解説】

【注釈】 ここでの「読む」は「数える」の意。
語源は諸説あり、鯖は「生き腐れ」と呼ばれるほど傷みやすく、傷みやすく数も多かったためにわざと早口で数えて数をごまかしていたことから、いい加減に数を数えることを「鯖を読む」という意味になり現在の意味に転じたという説がある。
他に、「魚市場(いざば)」からの転という説、刺鯖など二枚重ねを一連として数えることからという説、数の多いことを意味する「さは」から転じたという説などがある。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「あの女優は十歳も鯖を読んでいたらしい」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス