鷺を烏と言いくるめる

【読み】 さぎをからすといいくるめる
【意味】 鷺を烏と言いくるめるとは、明らかに正しくないのに、ものの道理を強引に言い曲げることのたとえ。

【鷺を烏と言いくるめるの解説】

【注釈】 「言いくるめる」は、口先で相手を丸め込む意。
白い鷺であることは一目瞭然なのに、黒い烏だと言い張ることから。
「鷺を烏と言う」「鷺を烏と言いくろむ」とも。
また、略して「鷺を烏」「烏を鷺」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 馬を牛と言う/柄の無い所に柄をすげる/鹿を指して馬と為す/白を黒という/這っても黒豆/雪を墨
【対義】
【英語】 To make black white.(黒を白と言いくるめる)
【用例】 「鷺を烏と言いくるめるようなことばかりしていると、誰からも相手にしてもらえなくなるよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス