賽は投げられた

【読み】 さいはなげられた
【意味】 賽は投げられたとは、事は既に始まっているのだから、考えている余裕はない、もはや断行するしかないのだということ。

【賽は投げられたの解説】

【注釈】 勝負を決めるさいころは、既に振られてしまったという意味から。
「賽」とは、博打に使うさいころのこと。
古代ローマ時代、ポンペイウスと対立したカエサル(シーザー)がルビコン川を渡ってローマへ進軍するときに言った言葉。
ルビコン川を武装して渡ることは法で禁じられていたため、これを犯すことは宣戦布告を意味した。
ラテン語では「Alea jacta est.」。英語訳は「The die is cast.」。
「采は投げられた」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 一か八か/一擲乾坤を賭す/乾坤一擲/伸るか反るか
【対義】
【英語】 The die is cast.(賽は既に投げられた)
【用例】 「この期に及んで、なにを弱気になっているんだ。もう途中で投げ出すことも、逃げることもできないぞ。賽は投げられたのだから」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス