魚は殿様に焼かせよ、餅は乞食に焼かせよ

【読み】 さかなはとのさまにやかせよ、もちはこじきにやかせよ
【意味】 魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよとは、魚や餅の上手な焼き方を言ったもの。また、仕事には適不適があるものだから、仕事をさせるときには適任者を選べということ。

【魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよの解説】

【注釈】 魚を焼くときは、何度もひっくり返すと身が崩れるため、弱火でじっくりと焼いたほうがよいから、殿様のようにおっとりした人に焼かせるのが良い。
餅を焼くときは、たえずひっくり返して焦げないようにしなければならないため、乞食のようにがつがつした人に焼かせるのが良いという意味から。
上下を逆にして「餅は乞食に焼かせろ、魚は殿様に焼かせろ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 瓜の皮は大名に剥かせよ、柿の皮は乞食に剥かせよ/金持ちの子には魚を焼かせろ、貧乏人の子には餅を焼かせろ/魚は上臈に焼かせよ、餅は下種に焼かせよ/適材適所/餅は猿に焼かせろ、柿は大名に焼かせろ/餅は大名に焼かせろ、豆は乞食に炒らせろ
【対義】
【英語】
【用例】 「魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよというから、彼には部署を移動してもらおう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス