酒は百薬の長

【読み】 さけはひゃくやくのちょう
【意味】 酒は百薬の長とは、適量の酒はどんな良薬よりも効果があると、酒を賛美した言葉。

【酒は百薬の長の解説】

【注釈】 酒は緊張をほぐしたり気分を良くしたりするので、適度に飲む酒は薬にも勝るということ。
漢を簒奪した王莽が、酒を称えて言った言葉で、『漢書・食貨志下』には「夫れ塩は食肴の将、酒は百薬の長、嘉会の好、鉄は田農の本」とある。
酒を良いとするには「適量ならば」という条件をつけた上で解釈するべきであるが、しばしば酒飲みが酒を賛美して自己弁護にも使われている。
『徒然草』には「百薬の長とはいへど、よろづの病はさけよりこそおれ」とあり、必ずしも飲酒を手放しで推奨するべきではない。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 酒に十の徳あり/酒は憂いの玉箒酒は天の美禄
【対義】 酒は命を削る鉋/酒は諸悪の基/酒は百毒の長
【英語】 Good wine engenders(makes) good blood.(良いぶどう酒は良い血を作る)
There are more old drunkards than old physicians.(老いた医師よりも老いた酒飲みのほうが多い)
Wine is panacea of all ill.(酒は万能薬である)
【用例】 「二言目には、酒は百薬の長と言うけれど、経済的にも健康面でも、毎晩の晩酌は控えて欲しいものだわ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス