酒は天の美禄

【読み】 さけはてんのびろく
【意味】 酒は天の美禄とは、酒は天からの有り難い贈り物だという、酒を褒め称えていう言葉。

【酒は天の美禄の解説】

【注釈】 「禄」とは役人の報酬のことで、上から下に賜るものという意味があり、そこから「美禄」は酒の美称となった。
『漢書・食貨志』に見える言葉。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 酒に十の徳あり/酒は憂いの玉箒酒は百薬の長
【対義】 酒は命を削る鉋/酒は諸悪の基/酒は百毒の長
【英語】
【用例】 「酒は天の美禄で、こんなに楽しい宴で美味しい酒が飲めるなんて幸せだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス