酒は憂いの玉箒

【読み】 さけはうれいのたまははき
【意味】 酒は憂いの玉箒とは、酒は悩み事や心配事を忘れ去ることができる素晴らしいものだと賞賛したことば。

【酒は憂いの玉箒の解説】

【注釈】 「玉箒」の「玉」は、美称の接頭語。「箒」はほうきのこと。
酒は心配事や悩みなどを掃い去ってくれる美しいほうきのようなものだという意味から。
蘇軾の詩『洞庭春色』にある「応に呼ぶべし詩を釣る鉤(釣り針)と、亦号す憂いを掃う箒と」とあるのに基づく。
「酒は憂いを掃う玉箒」ともいう。
「憂い」は「愁い」とも書く。
【出典】 蘇軾・詩『洞庭春色』
【注意】
【類義】 酒は天の美禄酒は百薬の長/忘憂の物
【対義】
【英語】 Wine is panacea of all ill.(酒は万能薬である)
【用例】 「酒は憂いの玉箒というもので、毎日飲まなければやっていられない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス