先んずれば人を制す

【読み】 さきんずればひとをせいす
【意味】 先んずれば人を制すとは、何事も人より先に行えば、有利な立場に立つことができるというたとえ。

【先んずれば人を制すの解説】

【注釈】 先手を取れば相手を抑えることができるから、何かをする時は人より先にやるのがいいということ。
何事であっても、後手に回っては勝ち目がないという教え。
「先んずる」とは、「先にする」を転じた言葉で、人よりも物事を先にするという意。
『史記』に「先んずれば人を制す、後るれば則ち人の制する所と為る」とあるのに基づく。
【出典】 『史記』
【注意】 「先んずれば人を征す」と書くのは誤り。
【類義】 機先を制する/先手は万手/先手必勝/早いが勝ち/早い者勝ち
【対義】 急いては事を仕損じる
【英語】 First come, first served.(最初に来た者が最初に食物を供せられる)
The foremost dog catches the hare.(先頭の犬が兎を捕らえる)
【用例】 「その企画はおもしろいね。他社がする前に、さっそく我が社で開始しよう。先んずれば人を制すだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス