桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

【読み】 さくらきるばか、うめきらぬばか
【意味】 桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿とは、庭木の剪定法をいったことばで、桜の枝は切らずにおくのがよく、梅の枝は切るのがよいということ。

【桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿の解説】

【注釈】 桜は枝を切るとそこから腐りやすくなるので切らないほうがよく、梅は枝を切らないとむだな枝がついてしまうので切ったほうがよいとされることから。
また、桜の枝は切らずに折るほうがよく、梅の枝は折らずに切るほうがよいことからともいわれるが、桜は折ることもよくない。
「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 梅は伐れ、桜は伐るな/桜折る馬鹿、柿折らぬ馬鹿/桃を切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
【対義】
【英語】
【用例】 「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿というから、桜の枝を切るのはやめておこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス