三度目の正直

【読み】 さんどめのしょうじき
【意味】 三度目の正直とは、物事は一度目と二度目はあてにならないが、三度目なら確実であるということ。また、二度の失敗の後に成功することをいう。

【三度目の正直の解説】

【注釈】 物事、勝負事で、最初の一回・二回はだめでも、三度目は確実であるということ。三度目なら期待通りになる。
また、確かさの確率が三分の一であるということ。
始めの二回を失敗しても、三度目に挑戦するときや、成功したときに使う。
「三度目は正直」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 三度目が大事/三度目は定の目
【対義】 一度あることは二度ある二度あることは三度ある
【英語】 The third time is lucky.(三度目は幸運が訪れる)
The third time pays for all.(三度目がすべての埋め合わせをする)
All things third at thrice.(物事はみな三度目にうまくいく)
【用例】 「自分の書いた小説は、一作目も二作目も入選しなかったが、三度目の正直ということもあるから、もう一度だけ挑戦してみるつもりだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス