雑三尺下がって師の影を踏まず

【読み】 さんじゃくさがってしのかげをふまず
【意味】 雑三尺下がって師の影を踏まずとは、弟子が師に従うときは、師を敬い礼を尽くせという教え。

【三尺下がって師の影を踏まずの解説】

【注釈】 師に随行するときは、三尺離れて歩き、師の影を踏まないようにしなくてはいけない。
もとは仏教の作法であり、師僧に従って歩くときの心得。
本来は、「七尺去って師の影を踏まず」という。
「三尺」は、約九十一センチメートル。
「三尺去って師の影を踏まず」とも。
【出典】
【注意】 師と距離を置く、遠ざけるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「先生は才能ある方だが、性格に難があるので、三尺下がって師の影を踏まずでいこう」
【類義】 七尺去って師の影を踏まず/師弟となって七足去る/七足隔つ師弟の礼
【対義】
【英語】
【用例】 「三尺下がって師の影を踏まずだ、先生に生意気な口をきくものではない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス