三顧の礼

【読み】 さんこのれい
【意味】 三顧の礼とは、地位ある人や目上の人が、賢人に礼を尽くして物事を頼むことのたとえ。また、目上の人がある人物を見込んで、特別に優遇することのたとえ。

【三顧の礼の解説】

【注釈】 「三顧」は三度訪ねるの意。 中国の三国時代、蜀の劉備が無位無冠の諸葛孔明を軍事として迎えるために、礼を尽くしてその草庵を三度も訪ねたという故事に基づく。
諸葛孔明も劉備の態度に感激し、劉備のために奔走したという。
「三顧」とも。
【出典】 『諸葛亮』前出師表
【注意】 「三個の礼」と書くのは誤り。
【類義】 草廬三顧
【対義】
【英語】
【用例】 「三顧の礼を尽くして、ぜひとも獲得したい人物だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス