三年飛ばず鳴かず

【読み】 さんねんとばずなかず
【意味】 三年飛ばず鳴かずとは、長い間、何もしない、あるいはこれといった結果を出さずに過ごすことのたとえ。また、実力を発揮するまでにじっと機会を待っているようす。

【三年飛ばず鳴かずの解説】

【注釈】 飛べば高く飛び上がり、鳴けば人を驚かすという鳥が、三年間飛びも鳴きもせずにいるという意味からで、以下の故事に基づく。
中国戦国時代、楚の国では荘王が即位したとき、荘王は三年間政治に一向に見向きもしなかった。
部下である伍挙が、三年間鳴きも飛びもしない鳥に見立てて王をいさめたところ、王は「鳥が三年間止まったままなのは、意思を固める準備をしているからで、この鳥は飛べば天に昇り、鳴けば人々を動かす」と答えた。
その後、王は生活を改め、国事に専念し、ついには周の国をもおびやかすようになったという。
「三年鳴かず飛ばず」ともいう。
【出典】 『史記』 『呂氏春秋』
【注意】
【類義】 鳴かず飛ばず
【対義】
【英語】
【用例】 「三年飛ばず鳴かずとはいうが、彼のように実力のある者には成功して欲しいものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス