三人寄れば文殊の知恵

【読み】 さんにんよればもんじゅのちえ
【意味】 三人寄れば文殊の知恵とは、凡人であっても三人集まって考えれば、すばらしい知恵が出るものだというたとえ。

【三人寄れば文殊の知恵の解説】

【注釈】 「文殊」とは知恵をつかさどる菩薩のことで、凡人でも三人で集まって相談すれば、文殊に劣らぬほどよい知恵が出るものだということ。
【出典】
【注意】 文殊は菩薩の一人であるが、「文殊」を「菩薩」と言い換えるのは誤り。
凡人が集まる意なので、目上の人に使うときは注意が必要。
【類義】 三人にして迷うことなし/三人寄れば師匠の出来/衆力功あり/一人の好士より三人の愚者/一人の文殊より三人のたくらだ
【対義】 三人寄っても下種は下種
【英語】 Two heads are better than one.(一人の頭より二人の頭の方がまさっている)
Two eyes can see more than one.(二つの目は一つの目より多くものを見ることができる)
【用例】 「解決策はないと諦めないで、みんなで話し合って知恵を出し合おう。三人寄れば文殊の知恵というじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス