山椒は小粒でもぴりりと辛い

【読み】 さんしょうはこつぶでもぴりりとからい
【意味】 山椒は小粒でもぴりりと辛いとは、体は小さくとも才能や力量が優れていて、侮れないことのたとえ。

【山椒は小粒でもぴりりと辛いの解説】

【注釈】 山椒の実は小さいが、非常に辛いことからいう。
「山椒」は「さんしょ」とも読む。
【出典】
【注意】 体は小さいが大きな害を及ぼす意味で使うのは誤り。
誤用例 「彼は背も低く痩せていて目立たないけれど、あちこちで悪さをして人に迷惑ばかりかけている。山椒は小粒でもぴりりと辛いというが、本当だね」
【類義】 小人に鈍なし/山椒は小粒でも実は辛い/小敵と見て侮る勿れ/小さくとも針は呑まれぬ/細くても針は呑めぬ
【対義】 独活の大木大男総身に知恵が回り兼ね/大男の殿/大男の見掛け倒し/大きな大根辛くなし
【英語】 Within a little head, great wit.(小さな頭の中に大きな知恵)
Little head great wit.(小頭の大知恵者)
Little head's may contain much learning.(小さな頭にも多くの知恵が入る)
【用例】 「図体の大きい生徒に、体の小さい教師が教師がこう言っていた。あなたは独活の大木で、私のような人を山椒は小粒でもぴりりと辛いって言うのよ、って。最低な教師だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス