猿に烏帽子

【読み】 さるにえぼし
【意味】 猿に烏帽子とは、似つかわしくないことをするたとえ。また、外見だけを取り繕って、中身が伴わないことのたとえ。

【猿に烏帽子の解説】

【注釈】 「烏帽子」とは、成人男性が礼服を着用する際にかぶった帽子のこと。
烏帽子を猿にかぶせても、そぐわないことから。
【出典】
【注意】
【類義】 猿に冠/猿の冠着たよう/沐猴にして冠す/山猿の冠、狼の衣
【対義】
【英語】 No fine clothes can hide the clown.(どんな美しい着物でも野人を隠すことはできない)
【用例】 「彼があんな気障な台詞を吐くなんて、まるで猿に烏帽子だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス