猿の尻笑い

【読み】 さるのしりわらい
【意味】 猿の尻笑いとは、自分の欠点には気づかずに、他人の欠点をあざ笑うことのたとえ。

【猿の尻笑いの解説】

【注釈】 猿が自分の尻の赤さに気づかず、他の猿の尻の赤さを笑うことから。
【出典】
【注意】
【類義】 腐れ柿が熟柿を笑う/蝙蝠が燕を笑う/五十歩百歩/猿の柿笑い/猿の面笑い/障子の破れ目から隣の障子の破れ目を笑う/盥半切りを笑う/鍋が釜を黒いと言う/不身持ちの儒者が医者の不養生をそしる/目糞鼻糞を笑う
【対義】
【英語】
【用例】 「彼はいつも他人を馬鹿にしているが、まさに猿の尻笑いというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス