触らぬ神に祟りなし

【読み】 さわらぬかみにたたりなし
【意味】 触らぬ神に祟りなしとは、かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもないということ。

【触らぬ神に祟りなしの解説】

【注釈】 神様とかかわりを持たなければ、神様の祟りを受けるはずもないことから。
かかわり合いさえしなければ余計な災いをこうむる心配もないという、主に逃げの処世をいう。
「触る」は、かかわり合いを持つという意味。
『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
「触らぬ神に罰あたらぬ」「知らぬ神に祟りなし」ともいう。
【出典】
【注意】 「障らぬ神に祟りなし」と書くのは誤り。
「当たらぬ神に祟りなし」というのは誤り。
【類義】 当たらぬ蜂には刺されぬ/瘡も触らねば移らぬ/触り三百/近づく神に罰当たる/七日通る漆も手に取らねばかぶれぬ/参らぬ仏に罰は当たらぬ/無用の神たたき
【対義】 義を見てせざるは勇無きなり
【英語】 Let sleeping dogs lie.(眠っている犬は寝かせておけ)
【用例】 「今日の社長は機嫌が悪い。昨日の商談がうまくいかなかったからだろう。今日はなるべく顔を合わせないように外回りの仕事をしよう。触らぬ神に祟りなしというからな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス