雑魚の魚交じり

【読み】 ざこのととまじり
【意味】 雑魚の魚交じりとは、大物の中に小物が交じっていることのたとえ。また、実力・能力・身分などが低い者がそれらの高い者の中に、不相応にいることのたとえ。

【雑魚の魚交じりの解説】

【注釈】 つまらない小魚が、大きな魚の中に交じっていることから、能力や地位が低い者が場違いに交じっていることをいう。
「雑魚」とは、小さい魚、つまらない魚のこと。
「魚(とと)」は、ここでは大きな魚の意。
【出典】
【注意】 「魚」を「うお」や「さかな」と読むのは誤り。
【類義】 いさざも魚交じり/海老雑魚の魚交じり/海老の鯛交じり/蝙蝠も鳥のうち/ごまめの魚交じり/ちりめんじゃこも魚交じり/二十日鼠も獣のうち/目高も魚のうち
【対義】
【英語】 The stupid simpleton sits among the doctors.(馬鹿が学者たちの中で座っている)
It does not become the sparrow to mix in the dance of the cranes.(鶴の舞の中に雀がいる)
【用例】 「あの研究チームで彼がリーダーをつとめるなんて、雑魚の魚交じりもいいところだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス