清濁併せ呑む

【読み】 せいだくあわせのむ
【意味】 清濁併せ呑むとは、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ。

【清濁併せ呑むの解説】

【注釈】 大海が清流も濁流も隔てなく受け入れることから、心の広い人のこと。
「清濁」とは、善と悪・善人と悪人・賢者と愚者などのたとえとしていう。
「併せ」は「合わせ」とも、「呑む」は「飲む」とも書くが、「併せ呑む」の表記が一般的である。
【出典】
【注意】 善も悪も併せ持つ人物という意味で使うのは誤り。
誤用例 「彼は清濁併せ呑む人で、そういうところが逆に人間らしい」
「清濁」を清酒と濁酒の意味で使うのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 Take the rough with the smooth.(すべすべした物と一緒に、ざらざらした物も受け取れ)
You must take the fat with the lean.(脂身も赤身も一緒に取らねばならぬ)
【用例】 「彼女の父親は厳しい人だったが、清濁併せ呑む心の広さも持っている人物だった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス