晴耕雨読

【読み】 せいこううどく
【意味】 晴耕雨読とは、世間のわずらわしさから離れて、悠々自適の暮らしを送ることのたとえ。

【晴耕雨読の解説】

【注釈】 晴れた日は畑を耕し、雨の日には家で読書を楽しむように、生業に就かずのんびりとした生活を送ることから。
体を使って汗を流せる喜びと、頭を使える楽しみは、人間にとって理想とした生活である。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「父は定年してから、晴耕雨読の生活を満喫している」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

晴耕雨読(せいこううどく)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
晴耕雨読の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス