急いては事を仕損じる

【読み】 せいてはことをしそんじる
【意味】 急いては事を仕損じるとは、何事も焦ってやると失敗しがちだから、急ぐときほど落ち着いて行動せよという戒め。

【急いては事を仕損じるの解説】

【注釈】 物事は焦ってすればするほど、冷静沈着に出来なくなるものだから、焦っている時ほどじっくり落ち着き、考えて対処せよということ。
「急いては事を仕損ずる」「急いては事を過つ」ともいう。
【出典】
【注意】 「急いては」を「いそいでは」というのは誤り。
【類義】 慌てる乞食は貰いが少ない/急がば高火/急がば回れ/急ぎの文は静かに書け/短気は損気/近道は遠道/遠道は近道/走れば躓く/早まる烏は団子一つ/待てば海路の日和あり/待てば甘露の日和あり/回るは近道/回るは早道
【対義】 先んずれば人を制す/急かねば事が間に合わぬ/善は急げ
【英語】 Haste makes waste.(慌てる無駄ができる)
The more haste the less speed.(急げば急ぐほど速度は落ちる)
【用例】 「急いては事を仕損じるというから、ここはゆっくりでも確実に進めていこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス