青天の霹靂

【読み】 せいてんのへきれき
【意味】 青天の霹靂とは、予想もしなかったような事件や変動が、突然起きること。

【青天の霹靂の解説】

【注釈】 青く晴れ渡った空に突然激しい雷鳴が起こることから、予期しない突発的な事件が起こることをいう。
陸游の詩『九月四日鶏未だ鳴かず起きて作る』に「青天に霹靂を飛ばす」とあるのに基づく。
「霹靂」とは激しい雷鳴のことで、筆勢の激しさを表して言ったことば。
【出典】 詩・陸游
【注意】 「晴天の霹靂」と書くのは誤り。
【類義】 足下から雉が立つ/足下から煙が出る/足下から鳥が立つ/寝耳に擂粉木/寝耳に水藪から棒/窓から槍
【対義】
【英語】 a bolt from the bule.(青天から稲妻)
【用例】 「あの日、いつものように仕事をこなし、普段と変わらぬ日常を送っていた私にとって、あの大地震は青天の霹靂とも言うべき出来事だった」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

青天の霹靂の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス