青雲の志

【読み】 せいうんのこころざし
【意味】 青雲の志とは、立身出世して高い地位につこうとする志。また、行いを清くしようとする心。

【青雲の志の解説】

【注釈】 王勃『滕王閣序』にある「窮しては且に益堅ならんとして、青雲の志を落とさず(貧乏していてもその志はますます高く、高位高官を得たいという志を失わないようにするの意味)」に基づく。
「青雲」とは、高く晴れた空の意味から、高位高官、立身出世のたとえ。
【出典】 王勃『滕王閣序』
【注意】 「青嵐の志」は誤り。
【類義】 鴻鵠の志/風雲の志/凌雲の志
【対義】
【英語】
【用例】 「青雲の志をいつまでも抱き続ける人生でありたい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス