狭き門より入れ

【読み】 せまきもんよりいれ
【意味】 狭き門より入れとは、事をなすときに、簡単な方法を選ぶより困難な道を選ぶほうが、自分を鍛えるために役立つという教え。

【狭き門より入れの解説】

【注釈】 「狭き門」は、キリスト教で天国に至ることが困難であることを例えたことば。
転じて、入学試験や就職試験など、競争相手が多くて突破するのがむずかしいことのたとえ。
『新約聖書』マタイ伝第七章に「狭き門より入れ。滅びに至る門は大きくその路は広く、これより入る者多し。いのちに至る門は狭く、その路は細く、これを見出す者なし」から。
【出典】 『新約聖書』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Enter by the narrow gate.(狭き門より入れ)
【用例】 「挑戦してみることに賛成する。狭き門より入れだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス