船頭多くして船山に登る

【読み】 せんどうおおくしてふねやまにのぼる
【意味】 船頭多くして船山に登るとは、指図する人が多くて方針の統一がはかれず、物事がとんでもない方向にそれてしまうことのたとえ。

【船頭多くして船山に登るの解説】

【注釈】 一そうの船に何人も船頭がいたら、船は山に登ってしまうようなおかしな方向に進んでしまうことから、指図する人ばかりが増えて物事が見当違いの方向に進んだり、うまく運ばないことをいう。
船頭とは、和船の船長のこと。
「登る」は「上る」とも書く。
「山に登る」は「山へ登る(山へ上る)」ともいう。
「船頭多ければ船山に登る」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 船頭多くして船岩に乗る/下手の大連れ/役人多くして事絶えず
【対義】
【英語】 Too many cooks apoil the broth.(コックが多すぎるとスープがうまくできない)
Many dressers put the bride's dress out of order.(着付けをする人が多いと花嫁の服装が場違いになる)
【用例】 「あのチームには優秀な人材ばかりが揃ったが、それぞれリーダー的な要素が強いため、案外うまくいかないかもしれない。船頭多くして船山に上るで、統率がとれない可能性がある」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス