背に腹はかえられぬ

【読み】 せにはらはかえられぬ
【意味】 背に腹はかえられぬとは、大事なことのためには、他のことを犠牲にするのはやむを得ないというたとえ。

【背に腹はかえられぬの解説】

【注釈】 背中を守るためといっても、五臓六腑がおさまっている大事な腹を犠牲にできないという意味から、大切なことのためには多少の損害はやむを得ないことをいう。
また、「背」を他者に、「腹」を自分自身に見立てて、切羽詰った状況では他を省みる暇などないという意味でも用いられる。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「背中に腹はかえられぬ」「背に腹はかえられない」ともいう。
【出典】
【注意】 「背を腹にかえられぬ」というのは誤り。
【類義】 負うた子より抱いた子/苦しい時は鼻をも削ぐ/背より腹/時の用には鼻をも削ぐ
【対義】 渇しても盗泉の水を飲まず鷹は飢えても穂を摘まず
【英語】 Necessity has no law.(必要の前に法律はない)
Better the purse starve than the body.(胃の腑が空になるよりも財布が空になるほうがよい)
【用例】 「これ以上借金は増やしたくなかったが、背に腹はかえられぬ。多少金利が高くても、再生のために資金を借りよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス