千篇一律

【読み】 せんぺんいちりつ
【意味】 千篇一律とは、多くの詩文がみな同じ調子・体裁で変わり映えしないこと。転じて、どれも似たような傾向で、面白みや変化に欠けること。

【千篇一律の解説】

【注釈】 「千篇」とは、数多くの詩文。「一律」は、同じ調子の意。
『芸苑巵言』に「白楽天の詩は、千篇一律、詩道未だ成らず。慎みて軽々しく看る勿れ、最も能く人の心手を易う(白楽天の詩はどれもみな同じようなものが多く、詩の作品がまだ完成されていない。だからその作品を軽々しく見るべきではない。なぜなら読み手の気持ちや手法を変えてしまうからだ)」とあるのに基づく。
「千編一律」とも書く。
【出典】 『芸苑巵言』
【注意】
【類義】 一本調子/千篇一体/似たり寄ったり
【対義】 千変万化/変幻自在
【英語】
【用例】 「結婚式ではいつも千篇一律の挨拶ばかりだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス