千里の道も一歩から

【読み】 せんりのみちもいっぽから
【意味】 千里の道も一歩からとは、どんなに大きな事業でも、まず手近なところから着実に努力を重ねていけば成功するという教え。

【千里の道も一歩からの解説】

【注釈】 千里もある遠い道のりであっても、まず踏み出した第一歩から始まるという意味から。
『老子』に「合抱の木も毫末より生じ、九層の台も、累土より起こり、千里の行も足下より始まる(両手で抱えるほどの大木でも、毛先ほどの小さな芽から成長し、九層にも及ぶ高台も、小さな土を重ねることから着手し、千里の道のりも足下の一歩から始まる)」とあるのに基づく。
「千里の道も一歩より始まる」「千里の道も一歩より起こる」ともいう。
【出典】 『老子』
【注意】
【類義】 千里の行も足下に始まる/高きに登るには卑きよりす/遠きに行くに必ず邇きよりす/始めの一歩、末の千里/道邇しと雖も行かざれば至らず
【対義】
【英語】 Little by little one goes far.(少しずつ歩いて、人は遠くまで行く)
Step after step the ladder is ascended.(一段ずつ人ははしごを登る)
He who would climb the ladder must begin at the bottom.(はしごを登ろうとするなら一段目から始めよ)
【用例】 「健康のために今日から禁煙を始めることにしたのか、それはいい。善は急げというからな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス