千里の馬も伯楽に逢わず

【読み】 せんりのうまもはくらくにあわず
【意味】 千里の馬も伯楽に逢わずとは、いつの時代にも有能な人はいるものだが、その才能を見抜き、発揮させてくれる人と出会えることは滅多にないということのたとえ。

【千里の馬も伯楽に逢わずの解説】

【注釈】 「伯楽」とは、春秋時代の名馬を見分ける鑑定名人。
一日に千里を走るような名馬はたくさんいるが、その才能を見抜き充分に能力を発揮させる伯楽のような人は、いつもいるとは限らないことから。
【出典】 『雑説』
【注意】
【類義】 千里の馬は常に有れども伯楽は常には有らず
【対義】
【英語】
【用例】 「千里の馬も伯楽に逢わずだ。彼が素晴らしい師と巡り合えていたら、今頃は大人物になっていただろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス