千慮の一失

【読み】 せんりょのいっしつ
【意味】 千慮の一失とは、どんなに賢い人でも、多くの考えの中には一つくらい間違いや思い違いがあるということ。

【千慮の一失の解説】

【注釈】 思慮分別のある者でも、時にはまさかというような失敗をすることがあるのだから、どんなに考慮したつもりでいても思いがけない失敗は隠れているということ。
『史記』淮陰侯伝に「智者も千慮に必ず一失有り。愚者も千慮に一得有り(知恵者でも必ず千に一つの考え損ないはあり、愚か者でも必ず千に一つのうまい知恵が出る)」とあるのに基づく。
【出典】 『史記』淮陰侯伝
【注意】 「千慮一失」を「浅慮一失」と書くのは誤り。
【類義】 河童の川流れ/麒麟の躓き/孔子の倒れ/巧者の手から水が漏る/弘法にも筆の誤り/権者にも失念/猿も木から落ちる/釈迦にも経の読み違い/上手の猿が手を焼く/上手の手から水が漏る千里の馬も蹴躓く/知者の一失/知者も千慮に一失あり/天狗の飛び損ない/念者の不念/百足のあだ転び/文殊も知恵のこぼれ/竜馬の躓き
【対義】 愚者にも千慮に一得あり/愚者も一得/千慮の一得
【英語】
【用例】 「完璧な人間など存在しないのだから、たまにミスや思い違いがあっても責める気にはならないよ。千慮の一失ということだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス