鱣は蛇に似たり、蚕は蠋に似たり

【読み】 せんはへびににたり、さんはしょくににたり
【意味】 鱣は蛇に似たり蚕は蠋に似たりとは、人は利益のためなら恐ろしいことも嫌なことも、平気でやるものだということのたとえ。

【鱣は蛇に似たり蚕は蠋に似たりの解説】

【注釈】 「鱣」は、鱧(はも)のこと。
「蠋」は、芋虫のこと。
蛇は恐れられる動物だが、その蛇に似ている鱧であっても、漁師は平気でつかみ、芋虫に似ている蚕も、養蚕をする者は気味悪がったりせずに扱うことから。
【出典】 『韓非子』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「若い女性なのに全く動じていない。鱣は蛇に似たり、蚕は蠋に似たりということだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス