千載一遇

【読み】 せんざいいちぐう
【意味】 千載一遇とは、またとない絶好の機会のこと。

【千載一遇の解説】

【注釈】 「載」は「年」と同じ意味で、「千載」は千年のこと。
「遇」とは、思いがけず出くわすという意で、千載一遇は、千年に一度思いがけず訪れるほど、二度とないようなよい機会のこと。
『文選・袁宏・三国名臣序賛』に「千載一遇は、賢智の嘉会なり」とあるのに基づく。
「千歳一遇」とも書く。
【出典】
【注意】 「千載」を「せんさい」と読むのは誤り。
「遇」を「偶」「隅」と書くのは誤り。
【類義】 盲亀の浮木
【対義】
【英語】 A golden opportunity.(黄金のチャンス)
【用例】 「今回の大河ドラマ決定は、わが町にとって千載一遇のチャンス到来といえよう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス