切磋琢磨

【読み】 せっさたくま
【意味】 切磋琢磨とは、学問、技芸、道徳などをみがき上げることのたとえ。また、志を同じくする仲間同士が励まし合い、競い合って向上することのたとえ。

【切磋琢磨の解説】

【注釈】 切磋の「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを磨くこと。
琢磨の「琢」は玉や石を打ち叩くことや磨くことを表し、「磨」は磨くこと。
『詩経・衛風・淇奥』に「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」とあるのに基づく。
細工師の技工や、作られた細工品にたとえ、衛の武公を称えたことばから。
【出典】 『詩経』
【注意】 「切歯扼腕」と混同して「切歯琢磨」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 To make friendly rivalry like David and Jonathan.(ダビデとヨナタンのように仲良く競い合う)
※ ダビデもヨナタンも聖書に登場する唯一無二の親友で、互いに競い合って向上していくというたとえ。
【用例】 「彼らは幼少時代からの親友で、学生の頃から互いに切磋琢磨して学問に励んできた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス