銭ある時は鬼をも使う

【読み】 ぜにあるときはおにをもつかう
【意味】 銭ある時は鬼をも使うとは、金さえ持っていれば、どんな人でも意のままに使うことができるということ。

【銭ある時は鬼をも使うの解説】

【注釈】 金があれば、恐ろしい鬼であっても、思うままに使うことができるということから。
金の力の大きさをいったことば。
『通俗編』に「銭有れば鬼をも使うべし」とあるのに基づく。
【出典】 『通俗編』
【注意】
【類義】 阿弥陀の光も銭次第/阿弥陀も銭で光る/金があれば馬鹿も旦那/金が言わせる旦那/金が言わせる追従/金が物を言う/金さえあれば行く先で旦那/金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる/金の光は阿弥陀ほど/金の光は七光/金は威光の元/金は仏ほど光る/先立つ物は金/地獄極楽金次第/地獄極楽の道も銭/地獄の沙汰も金次第/銭ある時は石仏も頭を返す/銭ある者は生き、銭なき者は死す/銭あれば木仏も面を和らぐ/銭あれば木仏も面を返す/銭は阿弥陀ほど光る/千金は死せず百金は刑せられず/成るも成らぬも金次第/人間万事金の世の中/仏の沙汰も銭/仏の光より金の光/冥土の道も金次第
【対義】
【英語】 Money makes masters.(金があれば旦那)
【用例】 「銭ある時は鬼をも使うで、彼は元の上司を作業員として使っているそうだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス