地獄の沙汰も金次第

【読み】 じごくのさたもかねしだい
【意味】 地獄の沙汰も金次第とは、この世は全てに金の力が物を言うというたとえ。

【地獄の沙汰も金次第の解説】

【注釈】 地獄での裁きでさえ金があれば有利にできるという意味から、何事も金の力さえあればどうにでもなるということ。
「沙汰」とは、「裁判」「裁定」の意。
「地獄の沙汰も金」「地獄の沙汰も銭次第」とも。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ(「ち」の項)。
【出典】
【注意】
【類義】 阿弥陀の光も銭次第/阿弥陀も銭で光る/金があれば馬鹿も旦那/金が言わせる旦那/金が言わせる追従/金が物を言う/金さえあれば行く先で旦那/金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる/金の光は阿弥陀ほど/金の光は七光/金は威光の元/金は仏ほど光る/先立つ物は金/地獄極楽金次第/地獄極楽の道も銭/銭ある時は石仏も頭を返す/銭ある時は鬼をも使う/銭ある者は生き、銭なき者は死す/銭あれば木仏も面を和らぐ/銭あれば木仏も面を返す/銭は阿弥陀ほど光る/千金は死せず百金は刑せられず/成るも成らぬも金次第/人間万事金の世の中/仏の沙汰も銭/仏の光より金の光/冥土の道も金次第
【対義】
【英語】 Money makes the mare to go.(金はしぶとい雌馬さえも歩かせる)
No penny, no pardon.(金がなければ免罪もない)
Money is the best lawyer.(金は最も優れた弁護士だ)
【用例】 「地獄の沙汰も金次第というが、大金を積んだおかげで無罪放免だというのだから、矛盾を感じるよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス