人事を尽くして天命を待つ

【読み】 じんじをつくしててんめいをまつ
【意味】 人事を尽くして天命を待つとは、人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せるということ。

【人事を尽くして天命を待つの解説】

【注釈】 自分の全力をかけて努力をしたら、その後は静かに天命に任せるということで、事の成否は人知を越えたところにあるのだから、そんな結果になろうとも悔いはないという心境のたとえ。
南宋初期の中国の儒学者である胡寅の『読史管見』に「人事を尽くして天命に聴(まか)す」とあるのに基づく。
【出典】 『読史管見』
【注意】 「人事を尽くして運命を待つ」とするのは誤り。
【類義】 人事を尽くして天命に聴いて可なり/天は自ら助くる者を助く/我が事畢わる
【対義】
【英語】 Do the likeliest, and God will do the best.(最も適切な行為をなせ、そうすれば神が最善の結果をもたらしてくれる)
【用例】 「人事を尽くして天命を待つだ。最大限の努力をしたのだから、結果がどう出ても後悔はない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス