沈香も焚かず屁もひらず

【読み】 じんこうもたかずへもひらず
【意味】 沈香も焚かず屁もひらずとは、特に悪いこともしなければ、良いことをするわけでもなく、無害だがきわめて平凡なことのたとえ。

【沈香も焚かず屁もひらずの解説】

【注釈】 「沈香」とは、熱帯地方に産する良い匂いのする香木のこと。
沈香のような良い香りもないが、おならのような悪臭を放つこともないことから。
【出典】
【注意】 「沈香」を「ちんこう」と読むのは誤り。
「焚かず」を「炊かず」と書くのは誤り。
【類義】 伽羅も焚かず屁もこかず/線香も焚かず屁もひらず/毒にも薬にもならない
【対義】 悪に強ければ善にも強し
【英語】 One who never made a mistake, never made anything.(過ちを犯さなかった者は結局何もしなかった者)
He who makes no mistakes makes nothing.(失敗をしない者は何もしないものだ)
【例文】 「彼の性格は、沈香も焚かず屁もひらずといったところだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス