人口に膾炙する

【読み】 じんこうにかいしゃする
【意味】 人口に膾炙するとは、世間の人々に広く知れ渡り、もてはやされること。

【人口に膾炙するの解説】

【注釈】 「膾炙」の「膾」は、なますのことで、細かく切った肉や魚のこと。
「炙」は、あぶった肉のこと。なますも炙り肉もごちそうで、誰の口にもおいしく感じられ、もてはやされることから。
唐の林嵩の『周朴詩集序』に「一篇一詠、人口に膾炙す(どの編もどの詩も、人々の口にのぼる)」とあるのに基づく。
「人の口に膾炙する」とも。
【出典】 林嵩『周朴詩集序』
【注意】 「人工に膾炙する」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【例文】 「あの作品は、純文学作品の中でも、最も人口に膾炙しているものだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス