人生意気に感ず

【読み】 じんせいいきにかんず
【意味】 人生意気に感ずとは、人は利害や打算で行動するのではなく、相手の心意気に感動して動くものだということ。

【人生意気に感ずの解説】

【注釈】 「意気」とは、やり遂げようとする積極的な気持ちのこと。
人は金銭などの欲や、名誉のために行動するものではないといういましめ。
魏徴の詩『述懐』にある「人生意気に感ず、功名誰か復論ぜん(人生は心意気を感じて行動するもので、功名のことなど誰が問題にするものか)」に基づく。
【出典】 魏徴・詩『述懐』
【注意】 「人生粋に感ず」や「人生意義に感ず」とするのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「人生意気に感ずで、心を打たれるものがあったから、この会社に就職することを決めた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス